小学生ソフトボール教室 ソフトボールクリニック活動報告



小学生ソフトボール教室

2006年8月18日

20060818-1.jpg
今年のお盆は、東海学園大学ソフトボール部藤原初男監督と千葉県勝浦市へ「ソフトボール教室」に出かけた。
勝浦市は、人口2万4千人。
ソフトボールがとても盛んで、小学生チームも市内に8チームあり、この4年間で勝浦市のチームが3年も千葉県で優勝し、全国大会に出場している。

行川・大沢ファイターズは行川小学校の生徒で構成されており、全校生徒38名という市内で一番小さな学校。
チームも小学6年生1名、5年生4名、4年生7名、3年生2名、2年生2名、1年生2名という構成で、女子も3名入部。

20060818-2.jpg

20060818-3.jpg

【渡邉監督談】
チームの公式戦成績は、市内ではまだ勝ち星なし(4敗)。市外では1勝(1敗)という弱小チームですが、選手たちには、何とかチーム力を上げて、ソフトボールの楽しさと勝つ喜びを味わってもらいたいと考えております。

とまだ勝ち星はないけれど、監督・コーチ・保護者のバックアップのもと、炎天下の中でも選手たちは大きな声を出しながら頑張っていた。

20060818-4.jpg

20060818-5.jpg

保護者の皆さんの応援があってこそ。

子どもたちの頑張っている姿を見てとても嬉しく思った。
家にこもって一人でゲームをする、友達が遊びに来てもそれぞれにゲームで遊ぶ時代。
そんな中、太陽の下スポーツで汗を流し、みんなで協力し合う。
まだまだ捨てたもんじゃない。
全国の小学生チームが熱い。がんばれ!!!
20060818-6.jpg


タグ:小学生
にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへposted by 会長| 2006年活動報告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。