スポーツ選手のためのあべこべ体操 ソフトボールクリニック活動報告



スポーツ選手のためのあべこべ体操

あべこべ体操の考案者の北洞誠一さんと
6年前にご縁し、かとう由香が代表理事を務める
NPO法人元気健康活動協会主催の
「元気健康フェスタ ピンクリボン一宮」の
第1回目からブース出展してくださっています。

今回は、いつでもどこでも簡単にできる
スポーツ選手のためのあべこべ体操を
元気スタジオで収録しました。

IMG_1529.jpg

あべこべ体操とは、身体の一部をあべこべに動かしたり、
動かす部位をあべこべにしたりして、身体を即効的に柔
らかくし、動きを改善する、いつでもどこでも簡単に
出来る体操です。

北洞誠一さんは、30年以上、乳幼児(0歳〜6歳)の体づくりのための体操、
企業の健康づくり事業、高齢者の身体機能回復指導の現場を体験。
学生時代のスポーツ・武道の体験や20代の鬱症状の体験から、
心身の健康を保つには、身体の緊張を取り、筋肉を常に柔らかく
保つ必要性を強く認識する。
身体の緊張を取るために様々なセラピー、ボディワーク、健康法を試す。
その中でも「自己の気付き」を手法のメインにおく
フェルデンクライス・メソッドに出会い感動し2004年指導資格を取得する。
その後、フェルデンクライス・メソッドをアレンジして、
より簡単で分かりやすくした「あべこべ体操」を考案。

現在は、東京や愛知等で「あべこべ体操」のクラスを主宰するかたわら、
保育園にて乳幼児のための体づくりの体操指導を行いつつ、
大学で幼児教育の講義を受け持つ。

メディア出演も多数
テレビ東京「所さんの学校ではおしえてくれないそこんトコロ」
日本テレビ「ヒルナンデス」
TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」
ほか多数。



にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへposted by 会長| DVD教材紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。