園田学園女子大学の公式戦で勝つための実戦練習  ソフトボールクリニック活動報告



園田学園女子大学の公式戦で勝つための実戦練習

インカレ優勝5回、準優勝3回、第3位8回という、大学ソフトボール界で
輝かしい成績を残し、大学ソフトボール界をリードする園田学園女子大学の
公式戦で勝利するための実戦練習を公開します。

現在、小学生、中学生、高校生のチームが全国大会を勝ち取るには
一発勝負のトーナメント方式が主流です。

リーグ戦であれば、1試合負けたり、引き分けたりしても
勝敗が同率であれば得失点差や大会独自の算出方法で決まる場合があります。

しかし、まず全国大会の切符を取るには、トーナメント方式を
勝ち続けるしかないのです。

さらに、全国制覇を目指すにも全国大会でトーナメントを
取りこぼすことなく1戦1戦勝ち上がらないと頂点には立てないのです。

そのためには、
攻撃では、日頃の練習や練習試合でどのケースにはどんな攻めをするのか
たとえばどちらにボールを転がすか、その際ランナーはどうするのか
細かな約束事を決めて練習をしていないと、本番では中途半端なプレーになり
確実に得点したいときにチャンスを逃してしまい、
逆に次の回に相手にチャンスを与えてしまうことになります。

また、全く選手が予測していないサインであったりすると
サインを見逃してしまったり、半信半疑のままプレーをしたり
ということにもなります。
また、選手がサインの確認のためにタイムを取ることにより
相手に悟られ、失敗の確率は高くなることも考えられます。

守備では、連携プレーにおいても司令塔のキャッチャーを中心に
バント処理、ゲッツー、外野との連係、カバーリングなど徹底的に行うことです。
チームとしての約束事がしっかりしていると選手は迷うことなくプレーできます。

もちろん、勝つために毎年豪腕ピッチャーがいればいいでしょうが
そういうわけにはいかないのが現実です。
絶対的エースがいないときは、2〜3人のピッチャーで継投する
こともあると思います。

そのためにも全く同じタイプのピッチャーを作らないことです。

ピンチになり継投策を講じても同じタイプのピッチャーでは
相手は脅威にも感じません。


今回のDVDには、大学選手権チャンピオンの園田学園女子大学の
公式戦で勝つための実戦練習を収録しました。

Disc1:攻守編
Disc2:ピッチャー編
Disc3:特典 ウォーミングアップ&トレーニング編

三部構成となっています。

詳細はこちらをご覧ください。

  園田学園女子大学の公式戦で勝つための実戦練習   
〜緻密なチームプレーで勝利を確実にものにする〜

sonoda-3set.png

リリース記念期間限定割引を6月10日まで実施いたします。

夏の大会まで約2ヶ月、この教材を大いに活用していただきたいと思います。


にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへposted by 会長| DVD教材紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。