ピッチングクリニック&ソフトボール選手の合理的なカラダの使い方実践セミナー 大成功!! ソフトボールクリニック活動報告



ピッチングクリニック&ソフトボール選手の合理的なカラダの使い方実践セミナー 大成功!!

2011年7月24日(日) 関西大学堺キャンパスにて、
増淵まり子投手の「ピッチングクリニック」と
関西大学小田伸午教授による
「ソフトボール選手の合理的なカラダの使い方実践セミナー」を
開催しました。

午前の受付では、何名かの参加者の方から
「やっとソフ研のクリニックに参加できて嬉しい」とお声をかけていただきました。

その言葉が本当に嬉しいです。ありがとうございました。

今回も遠方は関東からの参加者も。


午前中は、小中学生のピッチング

今回は関西大学ソフトボール部の男子選手と女子選手が協力してくれました。

関大の男子ソフトボール部は2010年度インカレ第3位
女子ソフトボール部は2011年に発足して、秋のリーグ戦から参戦します。
今後の関大ソフトボール部にご注目ください。

kandai2.jpg

ウォーミンアップは学生選手が、そして、ピッチングは増淵投手が行いました。

kandai1.jpg

参加した小中学生は芝生の広場で熱心にピッチングを行い、
40名近くの選手を一人ひとり増淵投手が指導に当たりました。

次の講座は、

関西大学小田伸午教授による
「ソフトボール選手の合理的なカラダの使い方実践セミナー」

ピッチング午前の部、午後の部の選手・指導者が参加

oda1.jpg

参加者は、100名を超えていました。

oda3.jpg

午後の部のピッチングは一般選手も参加

kandai3.jpg

皆さん、本当に熱心に取り組んでくださいました。

NPO法人元気健康活動協会のソフトボールスクール生もこの日は9名が参加。

スクール生はいつも周囲から「恵まれているよ」「幸せ者だよ」といわれています。
元オリンピックメダリスト選手や世界レベルのアスリートを指導されている先生や
著名な方々の指導を受けられるので、

みんな笑顔です。

Image1641.jpg




にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへposted by 会長| 2011年活動報告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。